株の選び方の基本【何をみればよいの?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【2020年度版】株の稼ぎ技 短期売買228

稼ぐトレーダーとアナリストが使う株のデイトレ技総まとめ。 デイトレード・スキャル・スイングで、すぐに使えるテクニック満載!

【2020年度版】株の稼ぎ技 225

株式投資に関する識者や成功投資家たちの知識や経験則から、株式投資の投資判断、手法を225テクニック大放出!!

値上がりする銘柄選びのコツ

株投資では「値上がりする株を選ぶ」→「利益の出るタイミングで売買する」この二つが最も重要だ。

「基礎的条件」を見るファンダメンタル分析

株で利益を得る3つの方法については「株で利益が出る仕組み【3種類の利益を知る】」ですでに述べましたが、特にキャピタルゲインを狙う場合は、株価の将来の値上がりをどう予測できるかが最も重要です。これから成長する会社や、現状の株価が安いまま放っておかれている会社など、選ぶ基準はいくつかありますが、その中から値上がりする銘柄を探し出さなければなりません。そのための方法として、ファンダメンタル分析とテクニカル分析があります。

ファンダメンタル分析とは、その会社の持っている「基礎的条件」をみることです。「基礎的条件」とは収益力、財務基盤などです。ちゃんと儲けているのか、借金しすぎていないか、そして将来伸びそうかなどを、主に会社が出している情報を元に読み解いていきます。

しかし、なぜファンダメンタル分析が有効なのでしょうか。それは長期で見れば株価が業績に連動するからです。たとえば、一株あたりの利益が1 00円から150円に上昇すると予想されるなら、株価も上昇してもおかしくありません。一方、一株当たり利益が下がると予想されるなら株価も下落する可能性が高いのです。このようにファンダメンタルズ分析では現在の株価と業績の予想を照らし合わせてこれから値上がりしそうな株を探し当てます。
また、会社は本社社屋や工場の土地・建物、設備、商品、現金など様々な資産を持っています。反対に借金など負債もあります。これらをまとめて会社の価値といえます。
こうした観点から会社をみると、もし会社がもっている現金などの価値より、株価であらわされる会社の価値(時価総額)が低かったらそれはお買い得で、割安だということになります。投資とは会社の価値を買うことですから、ファンダメンタル分析を行うことによって、実際の価値を見極め、将来の価値を予測することが必要になるのです。

銘柄を分析しよう! 銘柄を選ぶコツ

株投資では、約3,500社ある上場企業のなかから闇雲に銘柄を選んで売買しても勝てる見込みは少ない。株投資で稼いでいる人は「どんな銘柄を買うか」、「いつ買っていつ売るか」を自分の投資基準に照らし合わせて判断している。ここでは多くの人が参考にしている2つの分析手法を紹介する。

ミクロとマクロで分析する

ファンダメンタル分析

経済、社会、政策がどうなっているか(マクロ視点)、企業の収益性・安全性・成長はどうか(ミクロ視点)を分析して、どの銘柄に投資すればよいのかを判断する。

企業の本来の価値を調べよう!
売買のタイミングを計る

テクニカル分析

株価は日々変化するので、投資したい銘柄のチャート(グラフ)を調べて、相場の流れや売買に最適なタイミングを判断する。

チャートを見ると価格の「波」に気付ける!

株価は業績に収れんしていく

個別のファンダメンタル分析以外に、経済全体のファンダメンタル分析もあります。(個別企業のミクロ分析に対してマクロ分析といいます)。GDPなどの経済指標を基に景気の善し悪しを判断し、先々はどちらを向いているのかを予測します。社会の流れを知ることも経済ファンダメンタル分析です。

また、政策の変化も影響が大きいものです。例えば2009年より実施された「エコカー補助金制度」。この制度によって、低燃費車への購入意欲が増え、販売は大きく伸びました。こうした制度は需要の先食いをおこす場合もあります。
こうしたいくつかの要素が複雑に絡み合って株価は形成されますが、長い目で見れば株価は企業業績に収れんしていきます。こうした考え方に基づいて会社の業績、価値を見極めるのがファンダメンタル分析です。一方で、株価は短期的な上下動をしますし、予想を上回る場合もあるので、株を買うタイミングはファンダメンタルだけでは計れません。そこでチャートを使ったテクニカル分析の出番です。

テクニカル分析の特徴は株価の方向性(トレンド)をつかむことができるという点です。一度できたトレンドはある程度続くため、将来の株価の動きが予測しやすくなります。また、いつ買っていつ売れば良いかのタイミングを知ることもできます。過去のデータから株価の方向性を読み解くテクニカル分析では統計学の知識などが詰まっており、基本的なものを学んだだけでもかなり役に立つでしょう。

選んでみよう!

2つの分析を使った銘柄の選びかた

手順1企業を選ぶ

ファンダメンタルズ分析を使って、数ある上場企業からA社が投資に適格だと判断

手順2チャートで判断する

テクニカル分析を使って、A社の株が上昇トレンドにあるので「買い」を判断

銘柄の選択・売買タイミングは、2つの分析を使って複合的に判断しよう!

投資のタネは身近に転がっている

株の動きは社会と密接に連動しているので、連想ゲームのように上昇する会社を見つけられることもある。例えば昨今の労働市場は人手不足が顕著→将来的には労働力としてロボットが重宝される可能性がある・人材派遣や育成の仕事の需要が増える可能性がある→関連企業の株価が上昇する可能性が高まるというような考え方をすることができる。こうした連想ゲーム的発想からみると、日々のワイドショーや口コミなどにも投資のヒントは転がっているのである。

企業、経済情報で上がる銘柄を探す

ファンダメンタルズ分析では企業の情報だけではなく、需給で売買のバランスを見極める。

ノーベル賞受賞で株価が動く

株価は本質的には企業の価値によって決まります。しかしほかにも需給、その企業の相場における人気などにも影響されます。需給とは売り手と買い手の動向です。その中でも特に海外勢や機関投資家の動きが注目されます。
例えば私たちが積み立てている年金基金は、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)によって運用されています。その額なんと120兆円以上で、政府系ファンドで最も大きなドバイ・アブダビ投資庁の運用額(110兆円)を上回る、世界最大の機関投資家といわれています。この巨大な資金ゆえにGPIFが株式や債券をどういった割合で買うのか、株式を買うならどんなものを買うのかは機関投資家、個人投資家問わず市場で大きな注目を集めます。
2014年10月、GPIFは運用方針の見直しを行い、国内債券の割合を減らし、逆に12%だった国内株式・外国株式の割合をほぼ倍の25%に引き上げました。これを受けて株式への資金流入を期待し、日経平均株価は大きく上昇しました。

こうした短期的な需給動向は毎週東証が発表する「投資部門別売買動向」で確認できます。また、信用取引の残高の状況も毎週発表されています。

株価の変動は、大きく外部要因と内部要因とに分けて考えることもできます。外部要因の主なものは景気、金利、為替、政治、海外動向などです。iPS細胞作製の成功、ノーベル賞受賞など、大きな技術革新もここに含めて良いかもしれません。内部要因とは、年金基金や外国人投資家の売買動向、信用残、ファイナンス状況などです。内部要因の方がわかりやすく、短期的に株価に影響を及ぼします。
企業価値を見るうえで重要な業績は、企業が四半期ごとに行う決算発表でチェックできます。企業は一定期間の収入・支出・利益などをまとめ、決算書として税務署に提出します。これらは東証TDネットや企業のホームページで見ることもできます。

株価が変動する理由ってなに?

株価が変動する6つの要素に注目!

株価は本質的にはその企業の価値で決まるが、実際の値動きは、その銘柄を買いたい人、売りたい人のバランスや、経済の状況、政策などの要素を含めながら流動的に決定される。ここでは株価を決める代表的な6つの要素を紹介していく。株価だけではなく世界情勢やニュースなどにも普段からアンテナを張っておこう!

1業績

業績が良いと株価は上がり、悪いと下がる。しかし業績が上方修正されても市場の予想を下回る場合は株価が下がることがあるので注意。

市場の反応にも注目
2ニュース

魅力的な新製品など、良いニュースは株価を上げ、反対に工場での事故などの悪いニュースは株価を下げる。発表翌日などは特に注目しておこう!

短期で大きく株価が動く
3増配・減配

株主に対して配当金の増額は、企業の自信の現れとして、上がる要因に。反対に減額は業績の悪化として投資家に捉えられるので下がる要因になる。

事業に対しての自信の現れ
4為替

基本的に円安であれば輸出産業、円高であれば輸入産業の業績アップにつながるので関連銘柄の株価が上下する。

ドル円が目安になる!
5政策金利

国債などの政策金利が下がると、国内株式への需要が増えるので全体の株価が上がる。政策金利が上がると反対に需要が減り、株価が下がる。

金利が下がると株が上がる
6景気

好景気であれば会社の業績も良くなり株価が上がる。反対に景気が悪くなると会社の業績も悪化し株価は下がる。

株価は会社の業績と連動する

短期では業績の修正に要注目!

一般的には業績が好調であれば株価も好調な値動きになりますが、仮に「営業利益20%増」とA社が発表したとしても、株価が20%上がるわけではありません。
A社がそもそも高い成長を期待されていたなら株価が動かないこともあります。倍になると思われていたなら増益なのに株価が下がってしまうこともあります。また、市場全体の環境が悪いと期待以上に利益が伸びていても買われないこともあります。これは減益の場合も同様です。また、短期的によりインパクトがあるのが業績の修正です。当初の予想から一定以上かい離した場合は追加で修正発表(売上高で10%以上の増減など)があります。業績の上方修正は驚きをもって迎えられ株価の上昇に結びつきやすくなります。

また、配当の増減の発表も株価を動かす材料です。業績が悪化して配当ができなくなっていた企業が再び配当を開始することを復配といいますが、これは業績回復、企業の自信の表れとして株価上昇のきっかけになることがあります。
企業からの発表では設備増設や新製品発表・社長交代なども手掛かりになります。小売りなどでは月次売上高も株価を動かします。突発的な不祥事で株価が急落することもありますが、これは事態の深刻度合いを見極める必要があります。
株価をファンダメンタルの視点で見る際には、これらの材料がどう影響を与えるのか、市場の期待の程度や全体の流れの中で考えましょう。

決算日に注目!

業績で株価が変動した例

2016年2月17日ブリヂストンは決算にて「2期ぶり最高益、前期配当を10円増額・今期は10円増配へ」と発表

注目している銘柄の決算情報の発表日は把握しておこう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お読みください
本サイトは株投資に関する情報の提供を目的として書かれたものです。株投資はリスクを伴います。 本サイトで解説している内容について、製作者は投資の結果によるその正確性、完全性に関する責任を負いません。実際の投資はご自身の責任でご判断ください。