株の買い方【入金から注文までわかる】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
株の買い方
【2020年度版】株の稼ぎ技 短期売買228

稼ぐトレーダーとアナリストが使う株のデイトレ技総まとめ。 デイトレード・スキャル・スイングで、すぐに使えるテクニック満載!

【2020年度版】株の稼ぎ技 225

株式投資に関する識者や成功投資家たちの知識や経験則から、株式投資の投資判断、手法を225テクニック大放出!!

取引の前に必要なこと

株を買うには証券口座へ入金が必要だ。振込方法を把握しておこう!

入金回数が多いなら即時入金がおすすめ

まず、株の買い方の場合ですが、証券口座を開設したら株取引に必要となる代金を口座に入金しなければいけません。この場合の代金は「株を買うために使うお金+買う際に証券会社に支払う取引手数料」の合計です。
証券会社によって入金方法は多少差はありますが、おおむね2つの方法に分けられます。ここではSBI証券の入金方法を例にとって説明していきます。
まずひとつ目の方法は「即時入金サービス」です。これはインターネットを介して証券会社に入金する方法で、各証券会社ごとに提携する銀行に口座を持つ必要があります。たとえばSBI証券での取引であれば住信SBIネット銀行、三菱UFJ銀行などの銀行に口座があれば利用が可能です。
即時入金サービスを利用するメリットとしては、

  • 入金の際に必要な振込手数料が無料になる
  • 当日に株を買うことができる金額の上限(買付余力)に入金した金額がすぐ反映される

この2つがあります。
もうひとつの方法として「銀行振込」があります。これは手持ちの銀行口座やコンビニATMなどから、口座を開設した際に証券会社から送られてくる指定口座番号に直接振り込む方法です。
この銀行振込では新たに銀行口座を開設する必要がないというメリットはありますが、振込の際にかかる手数料を負担しなければなりません。また、入金した金額が買付余力に反映されるまでに1〜2時間かかるため、こまめに入金をしたい場合は即時入金サービスを利用するのがおすすめです。
売却益や配当金など、株取引で利益を出したら、その利益は証券口座にストックされますが、このままではお金をおろすことができません。指定する口座に「出金」することではじめて自由に使えるようになるのです。
出金の方法は入金と違ってどの証券会社もおおむねひとつしかありません。証券口座からいくら出金するのか指示を出し、指定した銀行口座で受け取ります。
出金が終わればあとは貯金と同様にATMや銀行の窓口からお金をおろせばよいのです。

手数料の安さが魅力のネット証券

入金のところでも述べましたが、株取引では証券会社を通しての取引となるため、株を買う際にも、売る際にも取引手数料を支払う必要があります。
各証券会社によって手数料は違いますが、特に電話や窓口を通じて取引をするのか、インターネット上で取引するのかで大きく異なります。
一般的に前者を「対面取引」、後者を「ネット取引」といいますが、前者の場合、大手証券会社などで実際に窓口を持つ証券会社がそれにあたります。対面取引は営業マンからアドバイスなどを受けられますが、野村証券を例にとると20万円までであれば1度の取引で2808円の手数料がかかります。
後者の場合はネット上での運営となるのでそういったサービスはありませんが、手数料の安さが魅力です。たとえばマネックス証券であれば10万円までの取引であれば手数料は100円です。その他の証券会社でも100円〜300円のところが多いようです。
現在では取引の手軽さもあってネット証券での取引が主流ですし、インターネット環境があるのであればこちらがおススメです。

店頭証券とネット証券手数料の違い

下記の表は1約定ごとの手数料。1約定とは、1回の取引のこと。買って売るで2約定になる。

対面証券手数料
野村証券※1
20万円以下の取引
2,860円
大和証券※2
最低手数料
2,750円
  • ※1 店頭での価格。オンラインサービスからの現物取引は、上記手数料から店舗のお客様は20%割引となります。
  • ※2 「ダイワ・コンサルティング」コース店頭取引での価格。オンライントレードは25%割引となります。
ネット証券手数料
マネックス証券※1
10万円以下100円
20万円以下180円
楽天証券※2
10万円以下99円
20万円以下115円
SBI証券※3
10万円以下90円
20万円以下105円
  • ※1 取引毎手数料コース 現物取引の場合
  • ※2 超割コース 現物取引の場合
  • ※3 スタンダードプラン 現物取引の場合
店頭証券もオンライントレードがあるが、それでも割高!

買い注文を出してみよう!

買い注文では事前に「どの銘柄にするか」、「どれくらい買うか」を決めてこう

銘柄は4ケタの番号で業種別に分類されている

銘柄を注文する時、決めなければならないことが2つあります。

  • どの銘柄にするのか
  • 選んだ株をどのくらい買うか

個人投資家が株を買える企業(=株式市場に上場する企業)は、全国で3000社以上にのぼります。
株投資をするのであれば当然その多くの上場企業のなかから会社を選ばなければいけません。
要はマクドナルドの株を買うのか、三菱自動車にするのか、なのですが、東京証券取引所などの株式市場に上場している企業に対しては、「銘柄コード」と呼ばれる4ケタの番号が決められています。
たとえば、左ページの図であれば三井物産なら8031、マクドナルド(日本マクドナルドホールディングス)であれば2702、三菱自動車の場合は7211です。
この銘柄コードは日本の証券取引所に上場する企業に対し証券コード協議会が付与する識別番号のことです。上場企業はすべての業種別にそれぞれ銘柄コードが割り振られています。
注文は企業名で出しても良いですし、この4ケタの銘柄コードで検索できるようにもなっています。

株取引の単位は単元株の整数倍

インターネットで注文を出す際は、まず口座がある証券会社のウェブサイトの注文画面にアクセスし、注文したい銘柄を検索する必要があります。
注文したい企業を選んだら、その企業の株をどれだけ買うかを決めましょう。株投資に使える資金のうち100株買うのか、それとも1000株買うのかといった形で株の購入数を決めます。
この時に注意しないといけないのは、株を購入する場合、一度の取引で買う必要がある最低の単位があるということです。
これを「売買単位」といいますが、この売買単位は企業によって異なります。
つまり、A社の株は100株から、B社は1000株というようにです。また企業が定めたこの単位のことを「単元株」と呼び、一般的に100株、1000株を単元株としている企業がほとんどです。
通常の株取引はこの単元株の整数倍で行われます。つまり、単元株が1000株の場合は2000株、3000株〜という形での取引となり、2500株での取引は行うことができません。

単元未満でも買えるミニ株

また、例外的にこの単元株より小さな単位で、その銘柄を購入できることもあります。
こうした単元未満株は一般的に「ミニ株」と呼ばれています。ミニ株は最小1株から取引ができるものもあります。
通常、株主の権利を得るためには単元で株を所有する必要があるので、ミニ株には議決権がないなどデメリットがあります。ミニ株で投資をする際にはそのあたりを考慮する必要があります。
ただし、有名銘柄の株が一万円以下の資金で買えるので、株式投資の入り口という意味では試してみる価値はあるでしょう。

ミニ株ってなにがいいの?

ミニ株のメリット・デメリット

メリット
  • 安く株をはじめられる
  • 利益率が通常買う場合と同じ
  • 配当が受けられる
デメリット
  • 手数料が割高になる
  • 購入できる銘柄が少ない
  • 注文時間などが限定される

ミニ株以外で単元未満株を売買するには?

単元未満株の取引を行うにはミニ株以外にも「るいとう(累積投信)」がある。これは対象銘柄を毎月決まった額を積み立てて買う投資方法で、1単元が100株の銘柄でも1株から買うことができる。
証券会社によっては月々500円から積み立てることができ、初めての投資で、かつ、長期投資を考えている人はミニ株ではなく、こちらを買って株投資の感覚をつかむのも手だろう。

買い注文の種類を知ろう

株取引では、成行・指値・逆指値の三つの方法で注文ができる

欲しい株数をほぼ確実に売買できる成行注文

銘柄と購入数を決めたら、いよいよ売買注文を出すわけですが、その際、3つの注文方法を選択できます。
成行(なりゆき)注文というのは、売り買いするときの株価の具体的な金額を決めずに、「その場の成行きに任せて」株を購入するスタイルです。
この注文方法は「すぐに取引が成立する」というメリットがありますが、株価を指定しないため予想以上に高い値段で買ってしまう危険性もあります。
「いくらでもでもいいので売りに出されている100株を買いたい」という注文なので、確実に100株は買えますが、1000円で買いたかった株が1200円で約定してしまう可能性があるのです。
株を売る場合でも成行注文ができますが、この場合は買いと反対に想定よりも安い値段で約定し、利益が少なくなる可能性があるので注意が必要です。

とにかく今の値段で買う

現在の値段で買う成行注文

価格を指定せず、その時の一番安い売り注文値段で買いたい場合などに使う。

※売りはその逆でその場で売却できる一番高い値段
確実に約定するが、高値を掴む可能性がある!

明確に金額を指定する指値注文

成行注文以外に株を買う方法として、「指値(さしね)注文」とその派生として「逆指値(ぎゃくさしね)注文」があります。
指値注文は「A社の株を2000円で100株ください!」と明確に金額を指定する注文方法です。
仮に指値注文を出した時点でA社の株を2000円で100株売りたいひとがいれば、その値段で買うことができます。
株投資は「安くなったら買い、高くなったら売る」が基本ですので、指値注文は現状よりもより安い値段で買いたい、あるいは高い値段で売りたい時に使う注文方法です。
たとえば「現在の株価から100円下がったら買いたい」といった目標額があれば、指値注文を使って買う金額を指定し、株価が予想どおり下がれば、より安い値段で株を買うことができます。
指値注文で注意しなければならないのが、成行注文と違って「取引が成立しにくい」という点です。買いの場合は基本的には下がるのを待つ注文方法なので、指定した金額まで都合よく株価が下がってくれるとは限りません。そうしているうちに買い時をのがしてしまう可能性もあります。
売りの指値注文も同様にうまく値上がりしたところで注文が成立する保証はありません。指値注文は予想外の高値(安値)で買う(売る)心配はなくなりますが、確実に売買できる保証はなくなります。
指値注文の応用として、「逆指値注文」があります。逆指値注文は「株価が○○円に上がったら購入」、というように、通常の指値注文とは逆のパターンで注文を出す売買方法です。売り注文の場合は反対に「株価が○○円に下がったら売却」となります。株価は上がったり下がったりをくり返していて、動きを完全に予想するのは不可能です。
そこで逆指値の売り注文と併用し損失拡大を防ぎつつ、株価が上昇した場合には流れに乗って買いを入れることができます。たとえばボックス相場のように、一定の幅で上下に株価が動いている状態では、株価がこの上の値段を突き抜けると一気に上昇するということがよくあります。ここで、株価がある金額まで上昇したら自動的に購入する、逆指値の買い注文を使って流れが変わるタイミングを捉えられます。
また反対に株価が下がった場合は「○○円で売る」という逆指値の売り注文を出しておけば大幅に下がったときの対策ができます。
こうした手法は、常に株価を見ていることが難しいサラリーマンなど、専業投資家以外の人にとって便利な方法です。

注文の期限

注文時に注文が有効になる期限を決めることができる。その日の相場が終わる15時までを期限とした当日と、週末など一定の期限までを指す期間指定の2つがある。

○○円になったら買う

現在値より低い値段を指定する指値注文

現在値より、少しでも安く買いたい場合、設定した値段になったら買う場合に使う。

※売りはその逆で○○円より上がったら売るに設定できる。
値段は指定できるが 約定しづらい点にも注意!

現在値より高い値段を指定する逆指値注文

ボックス相場を上に抜けたら買う、など指定した値段よりもさらに上昇する可能性がある場合に使う。

※売りの場合は、逆に現在値より安い株価で設定する。
値上がりを予想して注文する。テクニカル分析と組み合わせよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お読みください
本サイトは株投資に関する情報の提供を目的として書かれたものです。株投資はリスクを伴います。 本サイトで解説している内容について、製作者は投資の結果によるその正確性、完全性に関する責任を負いません。実際の投資はご自身の責任でご判断ください。