RSIの見方【売買バランスの偏りを知る】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【2020年度版】株の稼ぎ技 短期売買228

稼ぐトレーダーとアナリストが使う株のデイトレ技総まとめ。 デイトレード・スキャル・スイングで、すぐに使えるテクニック満載!

【2020年度版】株の稼ぎ技 225

株式投資に関する識者や成功投資家たちの知識や経験則から、株式投資の投資判断、手法を225テクニック大放出!!

RSIを使ってみよう

RSIは売買のバランスの偏りを知ることができる指標だ

RSIを使って買われ・売られ過ぎを量る

テクニカル分析は方向性を見るトレンド分析と買われ過ぎ・売られ過ぎを調べるオシレーター分析に大別されます。
ここではRSIを見ていくことにしましょう。いずれもテクニカルトレーダーとして活躍した、アメリカのJ・W・ワイルダーという研究者が開発したDMIとRSIです。
RSI(Relative St rength Index) はオシレーター系のテクニカル指標です。通常は14日間で計測し、この間の変動幅、つまり上昇幅の累計と下落幅の累計を合計し、そのうち上昇幅の比率を指数化したものです。通常70%(80%)以上が買われ過ぎ、30%(20%)以下が売られ過ぎという判断をします。RSIを使った取引手法としては、単純に20〜30%ゾーンに来たら買い、70〜80%ゾーンに来たら売りということです。
RSIなどのオシレーター指標は値動きが一方的になると機能しなくなることが多いので、トレンド系と組み合わせて相場の方向性を判断しよう。

オシレーター系指標:RSI

30%以下が売られ過ぎ、70%以上が買われ過ぎ

実際のチャートを見てみましょう。下図ではより発生確率の低い20%と80%にラインを表示しています。実際のところ20〜80%の範囲で推移しており、株価を重ねてみると、方向感も似たような動きを示しています。 一方、RSIのチャート○印を付したところを見てください。RSIが売られ過ぎを示しているのに株価がそこからさらに下落したり、買われ過ぎを示しているのにRSIが上昇しているケースがあります。これは株価の値動きが一方通行になった場合、オシレーター系の指標が効かないことも意味しています。

値動きが一方通行の場合は指標が反応しないときがある!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お読みください
本サイトは株投資に関する情報の提供を目的として書かれたものです。株投資はリスクを伴います。 本サイトで解説している内容について、製作者は投資の結果によるその正確性、完全性に関する責任を負いません。実際の投資はご自身の責任でご判断ください。