DMIの見方【トレンドの強さ・方向性を知る】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【2020年度版】株の稼ぎ技 短期売買228

稼ぐトレーダーとアナリストが使う株のデイトレ技総まとめ。 デイトレード・スキャル・スイングで、すぐに使えるテクニック満載!

【2020年度版】株の稼ぎ技 225

株式投資に関する識者や成功投資家たちの知識や経験則から、株式投資の投資判断、手法を225テクニック大放出!!

DMIを使ってみよう

DMIはトレンドの強さと方向性を知ることができる指標だ

トレンドの方向性と強さをDMIで見る

テクニカル分析は方向性を見るトレンド分析と買われ過ぎ・売られ過ぎを調べるオシレーター分析に大別されます。
ここではDMIを見ていくことにしましょう。いずれもテクニカルトレーダーとして活躍した、アメリカのJ・W・ワイルダーという研究者が開発したDMIとRSIです。
DMI(Directional Movement Index)はトレンドの方向性だけでなく、その強さを推し量ることができる指標です。
具体的にはDMIは上昇への方向性を示す+DI(プラス・ディーアイ)と、下降への方向性を示す-D I(マイナス・ディーアイ)、それに株価のトレンドの強さを示すAD X(エーディーエックス)という3本のラインで表されます。
+DIが-DIよりも上にあれば上昇トレンド、逆ならば下降トレンドになっているということです。
+DIがより上にあればそれだけ強い上昇トレンド、逆は強い下降トレンドを示します。2つのDIの差の大きさがADXの値動きを左右することになります。
また、+DI、-DIのラインが交差したときに、トレンドが入れ替わることも示唆しています。横ばいトレンド時にはいずれの線も大きな動きはありません。

トレンド系指標:DMI

+DI30〜40%が買いの急所

実際のチャートを見て行きましょう。2015年10月下旬から+DIが急激に上昇、-DIが一気に下向きになりはじめました。 トレンドの強さを示すADXはさらに大きく上昇しています。+DIが30 〜40%を超えたあたりからがトレンドの発生を示唆し、ここが買いの急所になります。 実際、株価はそこから大きく上昇。ADXが高止まりのままでも、株価は上昇し続けます。一方、ADXが下降をはじめたら、トレンドの弱さを示唆し、売り場探しです。ただ、下落基調の時のやや戻しでもADXが大きく変動するいわゆる「だまし」が入ることもあり、他のトレンド系指標をチェックする必要もありそうです。

DMIで注目すべきは3つのラインが交わるトレンドの転換点と、±DIの上下幅だ。ADXはトレンドの強さを示している

転換のサインに要注意!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お読みください
本サイトは株投資に関する情報の提供を目的として書かれたものです。株投資はリスクを伴います。 本サイトで解説している内容について、製作者は投資の結果によるその正確性、完全性に関する責任を負いません。実際の投資はご自身の責任でご判断ください。