株の仕組み【株とは?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
株の仕組み
【2020年度版】株の稼ぎ技 短期売買228

稼ぐトレーダーとアナリストが使う株のデイトレ技総まとめ。 デイトレード・スキャル・スイングで、すぐに使えるテクニック満載!

【2020年度版】株の稼ぎ技 225

株式投資に関する識者や成功投資家たちの知識や経験則から、株式投資の投資判断、手法を225テクニック大放出!!

そもそも株ってどんなもの?

企業が発行する「株」の仕組みとはなんなのだろう。買うと何ができるのだろう?

株は企業の資金集めの証明書

株投資というのは、いくつか方法はありますが、基本的には企業が発行する株を売ったり買ったりして、その差額で利益を上げる投資です。

では、そもそも売り買いしている「株の仕組み」とは一体何なのでしょうか?株は正式には株式と呼ばれ、「企業が資金集めをする際に発行し、それを購入した人に発行する証明書」を指しています。企業がなにか事業を行う際、大きな資金を必要とします。

そしてその資金は多くの企業の場合、外から集めてくる必要があります。資金を集める仕組みは、大きく分けると二つあります。

ひとつは、銀行などから資金を借り入れるという仕組みです。借り入れの場合、事業で利益が上がるかどうかにかかわらず、借りたお金を返済しないといけません。当然借入金は借金なので企業は元金の返済だけではなく、利子も支払い続ける必要があります。この場合、企業にお金を貸し出すのは銀行などですが、その貸付金は口座をもつ預金者の資産をもとに運用されているため、間接的に預金者が企業と関わる「間接金融」とも呼ばれます。 こうした銀行などから借り入れる方法以外に「直接金融」という仕組みがあります。これは、お金を出資者から直接集めるという方法で、そのひとつが株の発行です。企業が株を発行し、それを出資者が購入すれば、そのお金が企業に集まります。この場合、銀行からの借入金のように返済をする必要がありません。

また、株の場合、事業で利益が上がれば、配当金として還元する形になりますが、赤字の場合は配当金を支払わなくてもなんとかなります。つまり、借入金のように利益のあるなしに関わらず、利子を払う必要は無いということになります。株の発行は企業にとってこのようなメリットがあるのです。

なんで株は発行される?

会社の資金を集めるため

会社が事業を行うためには大きな資金が必要となる。株はその資金集めのために発行される証券のこと。会社は株を発行し買ってもらうことで、利子なしに資金を調達でき、投資家は会社のオーナーのひとりとなって様々な権利を行使することで利益を得られるという両者にメリットがある資金調達方法だ。

2つの資金調達方法

オーナーのひとりになれば権利がもらえる

では、株を購入する側にはどういうメリットがあるのでしょうか。株を購入するということは、その企業の資金面での出資者(株主)となります。株主になるということは、その企業のオーナーの一人になるということです。株主になると購入した株の数に応じて色々な権利が発生します。代表的な権利としては、

議決権

株主総会に出席して発言や役員の選任、経営方針の決議に投票者として参加できます。

利益配当請求権

会社が利益を上げた場合、その利益を配当金で還元されることになります。銀行にお金を預けると毎年利子がつきますが、同じように株を持っていると、利益が出た場合、配当という形で還元されることになるのです。株主が株を買う理由のひとつはこうした配当にあります。

残余財産分配請求権

会社の経営が困難になり、解散する場合に財産の分配を受けられる権利です。配当請求権と似ていますが、あまり良いことではありません。

このように出資金を払って株を購入することで株主となれば、株主総会に出席したり、持っている株数に応じた配当や株主優待をもらえる権利が得られます。株を持ち株主になることの本来的な意味はこうした企業のオーナーとしての権利を得られるところにあります。 また、オーナーのひとりになるということは企業の業績が悪化すれば株価が下落して損をするということを忘れてはいけません。株を買う時には良い業績を保てるような企業を見極めることが必須なのです。

株はどこで取引されている?

株は個人投資家が直接取引できない。証券取引所とはどんな場所だろう?

個人投資家は株を直接買えない

株投資を行う場合、一般の個人投資家はどのように株の売買をしているのでしょうか。私たちが株を購入する場合、株を取り扱う証券会社に取引手数料を払って申し込む必要があります。

インターネットが普及した現代では、多くの人がネット証券に口座を持ち、インターネットを使って売買をしています。また、手数料は高くなりますが、電話や店頭に出向いて直接申し込むことで証券会社の担当者から株を購入できます。

株売買のしくみ

証券専門の市場証券取引所

こうして証券会社が投資家の代わりに株の売買の仲介をしてくれるので、一般の投資家は実際に自分が株を買ったり売ったりする場面を見ることはできません。

では、そもそもその株の取引はどこで行われているのでしょうか。

実は株などの有価証券の市場である「証券取引所」という専門の場所があり、そこで売買が行われているのです。この証券取引所では一般の個人投資家は取引ができません。そのため、金融庁によって証券会社として登録された会社が仲介して取引を行っているのです。また、この証券取引所は世界中に存在しています。

世界第3位の取引量東京証券取引所

代表的なものとしては、アメリカのニューヨーク証券取引所、イギリスのロンドン証券取引所が有名です。また、アジアでは経済力をつけている中国の上海証券取引所や香港証券取引所などが知られています。こうした世界の金融の中心地に存在する証券取引所は当然、日本にも存在しています。

世界中の証券取引所が連動している

主要取引所の時価総額(米百万ドル)2015年2月末

取引所名
時価総額
ニューヨーク証券取引所
19,490,633
ナスダックOMX
7,291,379
東京証券取引所
4,751,890
上海証券取引所
4,146,401
ユーロネクスト
3,544,319

日本の証券取引所としては東京証券取引所(以下東証)が最も有名です。それ以外にもデリバティブ(先物などの金融派生商品)専門の大阪証券取引所や名古屋証券取引所、札幌証券取引所、福岡証券取引所が国内に存在しています。ですが、取引量としては圧倒的(世界第3位)に東証が多く、世界レベルの証券取引所として位置づけられています。

この東証は東京都中央区の日本橋にある兜町に位置しており、そうしたことから「兜町」という俗称もあります。たとえば、「最近、兜町ではこんな噂がある…」という言い方をされたりします。このように一般の投資家からの株の売買の申し込みは証券会社が受け付けるので、実際に東京証券取引所に行く必要はありません。しかし、株投資をするための知識として、証券取引所で株の売買が行われているということは知っておきましょう。

世界の株価が日本にも影響する

昨今の中東情勢のように、国家同士はいろいろと対立があったりしますが、経済自体はグローバル化が進み、世界中の国々がお互い緊密に結びついています。
2015年8月に発生したチャイナショックのようにある国の証券取引所で株価の大暴落が起こると、世界中の証券取引所にそれが波及して、次々と株価が下落していくという現象もよくあります。
株投資をする際は、国内の企業のみを対象とする場合でも、世界の他の地域の株価動向が重要となります。一般の個人投資家だとなかなかそこまでは目配りするのは難しいとは思いますが、世界の動向はすぐに日本の株価にも反映するということは覚えておきたいものです。

株価はどうやって決まる?

取引されている間は常に変動している株価。業績などの要因で価格が変わる

基本的には業績で株価は上がる

株投資で利益を上げるためには、「いかに今後、値上がりしそうな株を見つけるか」ということが重要です。株の値段(株価)は毎秒単位で常に動いています。では、こうした値上がり(株価の動き)はどのようにして決まるのでしょうか。

まず、株価はその株を「買いたい」人が「売りたい人」の数を上回れば上がり、反対に「売りたい人」が上回れば下がることを覚えておきましょう。実際に株価が動きやすくなる要因ですが、基本的なところとしては「業績が良い」、つまり、利益を上げている企業の株が上がります。

また、現在の業績が上がっていなくても、今後上がりそうな企業も株価が上がります。特別な技術がある企業の場合は、将来性を買われて株価が上がるというのもよくあることです。

逆に利益が上がらず赤字に転じたり、そこまで行かなくても、従来ほど利益が出なくなっている企業などは株価も下がります。このように企業の持つ能力や力が総合的に判断されて「買いたい人」が多くなれば株価が上がる、というわけです。

なんで株価って動くの?

業績や人の思惑で動く

複数の要因をもとに「買い(売り)たい人」が
多くなれば株価は上下する

誰が株を買っているのかにも注意しよう!

それ以外に株価の値段というのは、その株を「買いたい人(需要)」と「売りたい人(供給)」のバランスで決まるという側面もあります。買いたい人が多い人気のある株は当然、株価も上がっていきますし、逆に売りたい人が多い株は、株価も下がっていきます。

株投資をする場合、この買いたい人と売りたい人がそれぞれどのくらいいるのか知ることが重要です。「でも、そんなのわかるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、実はそれがわかる表があるのです。それは、銘柄ごとに株を売りたい人と買いたい人がそれぞれ希望価格別でどれぐらいいるのかを表示しているもので、「気配値」と呼ばれています。証券口座を作れば無料で閲覧することができます。別名を単に「板」と呼んだりしますが、売りたい人を集めているのが「売り板」、逆に買いたい人を集めているのが「買い板」です。この板を見ることで、投資家がいくらぐらいの価格で株を売ったり、買ったりしたいかということがわかるわけです。

それぞれの銘柄に注文を入れる際にはこの板の確認が重要になりますので、板の読み取り方は是非、理解しておきましょう。板を見て確認できるもうひとつのポイントは注文数です。たとえば、ある銘柄の株をある値段で10000株買いたいという注文が板に出ていたとします。

この場合、1人の投資家が10000株の注文を出しているのかもしれないですし、10人の投資家が1人1000株づつ注文を出しているのかもしれません。少額の投資をしている個人投資家ではなく、機関投資家と呼ばれる大口の投資家が動いている場合、一度に大きな取引をしている可能性があります。この機関投資家というのは、大きなお金を運用している銀行や信託銀行、保険会社や証券会社、また投資ファンドなどが知られています。

また、日本の株を購入しているのは日本人の個人投資家や日本の機関投資家だけではなく、世界中の投資家が参入しています。この外国の投資家が日本の株を買うか、売るかで株相場は大きく揺れ動きます。このように株価はいろんな要因が複合的に混ざり合う中で、需要と供給のバランスのもとに決まっていると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お読みください
本サイトは株投資に関する情報の提供を目的として書かれたものです。株投資はリスクを伴います。 本サイトで解説している内容について、製作者は投資の結果によるその正確性、完全性に関する責任を負いません。実際の投資はご自身の責任でご判断ください。